ワイは見た速報

家政婦じゃないワイが見た出来事をお知らせします|ω・`)チラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 2020/03/21(土) 13:41:53.40 ID:+zmsJ6Ju9
    3/21(土) 12:45配信オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200321-00000320-oric-ent

     きのう最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』の作者である漫画家・きくちゆうき氏と、いきものがかりの水野良樹が21日、ツイッターで生配信を実施。作品の完結直後、書籍化、映画化など一気にメディアミックスが発表され、広告大手の電通が関わっているのではとネットで憶測が広がっていたことについて否定した。

     もともとSNS発信で話題を呼びファンを獲得していった作品だけに、昨夜、完結から間髪入れず複数のプロジェクトが発表されたことに反感を覚える声も多かった。一夜明け、ネット上にはプロジェクト全体に電通が絡んでいるとうわさが立ち、“電通案件”がツイッタートレンド1位になっていた。

     この日の生放送は水野のツイッターアカウントで実施。きのう、いきものがかりの新曲「生きる」と同作のコラボムービーが完結直後に公開されており、水野が同曲を書き下ろしている。

     水野は冒頭、「(最終回に描かれた)桜吹雪の向こうで電通のビルが燃えてる…」と苦笑しつつ、「仕組まれてると思うのは本意ではない。ここに(きくち氏に)来てもらったほうが誤解が解けるかなと思って」と2人で生放送に臨んだ理由を告白。

     その上で、「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない。プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何ヶ月も前から巨大組織や色んな人が集まって…、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。だから電通さんは入ってないです」ときっぱり否定した。

     きくち氏も「本当に僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて、仲間もできて、盛り上げてくれて。僕は感謝しか無いですし。それだけに悲しい」と心境を語っていた。

    【【信じて】100日後に死ぬワニ作者「」→→→→→→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    当サイトに掲載されている広告について

    当サイトでは、第三者配信の広告サービス(GoogleアドセンスA8.net、忍者アドマックス、nend、)を利用しています。
    このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
    またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

    当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて

    当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
    このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
    このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
    この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
    この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

    当サイトへのコメントについて

    当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
    これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
    また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
    全てのコメントは管理人であるなんでもさんが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
    加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

    • 特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
    • 極度にわいせつな内容を含むもの。
    • 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
    • その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。

    このページのトップヘ